AGA治療の有効性

2016年8月29日

AGAとは男性型脱毛症のことであり、今や日本人男性の3人に1人が対象と言われております。普段気にしていないという人もいれば、深刻な悩みになっている人もいて、何かしら対策を講じたいところです。
AGAには、専門の治療をするクリニックがあります。もちろん一般的な病院でも診てくれるところもあります。ただ、AGA治療は本当に効果があるのか気になるところではあります。具体的に見ていきましょう。

なぜAGAになるのか

まず、なぜ男性がAGAになってしまうのか、説明いたします。原因はさまざまあると言われておりますが、抜け毛や薄毛になってしまうサイクルは判明しております。それは、男性ホルモンである、テストステロンが、酵素によってジヒドロテストステロンへと代わり、それが発毛サイクルの弊害となってしまうとされております。また、頭皮の不健康や、血行不良なども、正常な発毛の妨げになることが分かっております。
ただ、原因がさまざまあると言われているのか、これらが起きてしまう要因がはっきりしないからです。ストレスであったり、ホルモンバランスの悪化、食生活の乱れ、睡眠不足、など多くの要因が挙げられます。これらの生活習慣の乱れが、ホルモンバランスを悪くし、ジヒドロテストステロンを多く生みだしてしまいます。また血行の乱れが、頭皮に十分な栄養素を届けなくし、薄毛や抜け毛の原因ともなってしまいます。
つまり、健康的な生活習慣を送っていれば、なる可能性は低くなりますが、現代人の生活は乱れがちです。だから、多くの男性がAGAに悩んでいるのです。

治療は投薬によるものが中心

では、具体的には患者さんに対してどんな治療を行っているのでしょうか。例えば、AGA専門のクリニックでは、まずカウンセリングから始めます。何が原因で症状が起きているのかを見抜き、どんな治療を行っていくのかそれによって決めます。その時に、頭皮をチェックしたり、血液検査をしたりします。一般的な病院では、血液治療まではなかなか行いませんが、専門クリニックでは、DNAレベルから検査が可能です。より患者さんにとって効果のある治療を行うのです。
とはいえ、基本的に行われる治療は投薬によるものです。最近では、プロペシアとミノキシジルのどちらかが多く使われております。プロペシアは主に飲み薬として、ミノキシジルは塗り薬として処方されます。ただ、今はほとんどがプロペシアの処方がメインです。これを飲み続けることで、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることができ、結果的にAGAの予防と改善につながります。
クリニックによっては、頭皮に注射によって有効な成分を注入する治療法もあります。その人に合わせて治療法が行われております。

実際に効果があるのか

AGA治療を受けた人は実際に効果を実感しているのでしょうか。ほとんどの人が、長く治療を続けることにより、効果を実感できております。治療は即効性のあるものではないため、開始してから最初の数カ月は目に見えての実感は難しいです。でも、徐々に抜け毛がやってきたり、髪の毛が太くしっかりしてきます。まずは半年は最低でも経過を見なければなりません。そこで少しずつ効果を実感できてきたら、治療を継続しましょう。
目安としては、治療を1年続ければ70%近くの人が効果を実感し、3年間続ければ90%以上の人が効果を実感できると言われております。根気のいることではありますが、すぐに効果がでないからといって諦めるのではなく、辛抱強く続けていく必要があります。ただ、治療には費用がかなりかかります。もし何の効果も表れないようであれば、どこかで見切ることも大切です。

AGAは、自分がそうであると自覚する人もなかなかいません。そして自覚しても、治療まで行う人も決して多い訳ではありません。確かに命に関わることではありませんが、もしそれを気にして苦しくなるのであれば、AGA治療を受けるという選択はあります。


Posted by ED治療専門クリニック 東京 田町 バイアグラの処方 購入 at 17:07 / ブログ

田町駅・三田駅から歩いてすぐED・AGAメンズクリニック

▲ページTOPへ