なぜ薄毛になるのか

2016年10月4日

成人男性の多くの人の悩みとなっているのが薄毛です。加齢とともに髪の毛が寂しくなることは仕方のないことではあります。ただ最近は、若い世代でも薄毛で悩んでいる人が多くいらっしゃいます。
そもそも、なぜ人は薄毛になってしまうのでしょうか。さまざまな面から見ていきたいと思います。

男性ホルモンが影響

薄毛や抜け毛が増えてしまう直接的な原因は、男性ホルモンにあります。ジヒドロテストステロンというホルモンが増加してしまうことで、薄毛になりやすくなってしまうのです。これは、ジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞の受容体に結合してしまうと、髪の毛を作るための細胞分裂が減ってしまうからです。
女性に比べて男性の方が薄毛になる可能性が高いのは、このように男性ホルモンが大きく影響していることが理由です。男性ホルモンは、本来生きていく上で必要ではありますが、過剰に分泌されたり、バランスが悪くなることで、体に異常をきたすこともあるということです。
つまり、薄毛を防止するためには、根本的な原因であるジヒドロテストステロンが生成されすぎないようにしなければなりません。それには一体どうすればよいのでしょうか。

生活習慣の改善が一番

薄毛の直接的な原因はジヒドロテストステロンであることは分かっております。ただ、それらが過剰に生成されてしまう原因は、はっきりとはわかっておりません。ただ、一番効果的なのが生活習慣の改善と言われております。
例えば食生活です。食生活が乱れてしまうと栄養バランスが崩れてしまいます。特に脂肪分を摂りすぎると、男性ホルモンが過剰に分泌されやすくなり、薄毛に繋がってしまうとされております。
また睡眠不足も危険とされております。人間は、22時から2時の間に成長ホルモンを分泌されていると言われております。そして睡眠中は分泌がされやすいのです。しかしその間に睡眠を取っていないと、当然成長ホルモンは分泌されず、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。
またストレスもよくありません。ストレスがたまってしまうと、自律神経が乱れてしまいます。自律神経は、ホルモンバランスを司るところなので、過剰に分泌されてしまいやすくなります。
どれも、若い人が行ってしまう可能性が高いものです。生活習慣が乱れると、体も不調になりやすいですし、それが髪の毛にも影響してしまうということです。

薄毛になってしまうのは、男性ホルモンが大きく影響しております。そして男性ホルモンは、生活習慣によって乱れてしまうものです。薄毛を防ぐためには、まず自分自身の生活を改善していく必要があるのです。


Posted by ED治療専門クリニック 東京 田町 バイアグラの処方 購入 at 10:28 / ブログ

田町駅・三田駅から歩いてすぐED・AGAメンズクリニック

▲ページTOPへ