髪の悩みは尽きない

2016年10月11日

男性も女性も、いくつになっても髪の毛は悩みの原因になってしまいます。抜け毛や薄毛、くせ毛や髪型など、常に気にしている人も多いのではないでしょうか。
誰であっても、どんな年齢であっても、抜け毛や薄毛などが起きてしまい、頭皮が薄くなる可能性はあります。では、何故髪の毛は抜けてしまうのでしょうか。

頭皮の状態の悪化が影響

髪の毛は頭皮から生えてくるものです。つまり頭皮はその土台であり、そこの状態が悪くなってしまうと、髪の毛にも当然影響します。特に頭皮の皮脂は重要です。適度な皮脂であれば、本来は頭皮を守ってくれるものなので何の問題もありません。でも、皮脂が少なかったり、あるいは過剰だった場合、髪の毛に影響いたします。
もし少なかった場合、頭皮は乾燥してしまいます。するとフケが発生しやすくなってしまいます。フケが毛根にたまってしまうと、不衛生なうえ、髪の毛が成長するのを妨げてしまいます。
また、過剰に分泌されるのも危険です。なぜなら、毛根に皮脂がたまってしまうと、これもまた髪の毛の成長を止めてしまうことになるからです。髪の毛が成長しないと、短かったり、細くなったり、抜けやすくなったりします。それが薄毛の原因になってしまうのです。
つまり、頭皮は常に清潔にしておく必要があります。毎日シャンプーすることで対策すると良いでしょう。シャンプーはしすぎると、最低限必要な皮脂も取りのぞいてしまうため、正しい方法と頻度で行うように注意してください。

血行不良による抜け毛や薄毛

髪の毛が成長するためには栄養素が必要です。その栄養素は血液を通って届けられます。ゆえに、血行不良になってしまうと、髪の毛が十分成長せず、抜け毛や薄毛になってしまいやすくなります。
例えば、喫煙は、血行不良の原因となります。ニコチンは、血液の循環を悪くしてしまいますので、特にヘビースモーカーは薄毛になるリスクが高くなります。また、食生活も重要です。コレステロールが血中に多く含まれると、血液がドロっとしてしまい、流れにくくなります。
頭皮の血管は他の場所に比べて、細くなっております。少しでも血中の流れが悪くなると、もろに影響を受けてしまう所なのです。
喫煙を控える、食生活を改善することも大事ですが、有酸素運動をしたり、頭皮のマッサージをするといった対策も必要となります。

今まさに、髪のことで大きな悩みを抱えている人もいらっしゃると思います。それぐらいどんな人にとっても身近な悩みであり、誰でも薄毛になる可能性はあるものです。大事なのは、普段から頭皮や血行のことを考えて、気を付けて生活することです。髪の毛は若いうちから大事にしましょう。


Posted by ED治療専門クリニック 東京 田町 バイアグラの処方 購入 at 10:28 / ブログ

田町駅・三田駅から歩いてすぐED・AGAメンズクリニック

▲ページTOPへ