抜け毛が明らかに多くなったら危険信号?

2016年10月20日

最近、朝起きたら枕についている抜け毛が多い、あるいはシャンプーした時に排水溝に髪の毛がたまりやすくなった、など明らかに抜け毛が多くなっていると感じることはないでしょうか。実はそれは危険信号なのです。
抜け毛が多くなる原因は何なのか、そしてその対策はできるのか、見ていきたいと思います。

抜け毛は必ず起きるもの

毎日抜け毛が起きること自体は何の問題はありません。髪の毛が正常にサイクルを繰り返している証拠でもあり、どんな人でも一日50本から100本は抜けているのです。特にシャンプーをしている時、髪をクシでとかしている時、睡眠中は髪が抜けやすい時と言われております。例えば、お風呂場の排水溝を見たり、といたクシやブラシをチェックしたり、朝枕を確認すれば、どれぐらい抜けているか分かるでしょう。ただ、その分新しい髪の毛が生えてきているので、しっかりと髪が整うことになります。
じゃあ100本以上の抜け毛がある場合は異常なのか、というと決してそういう訳ではありません。これは個人差があることなので、人によっては1日150本ほど抜けることもあります。でもそれは、髪の量が元々多い場合や、サイクルが少し早いだけであり、抜ける本数を補うぐらい生えてくる人であれば、何の問題もないのです。
では、何が問題となるのでしょうか。それは抜けている本数ではありません。実は抜け毛の質が重要となってくるのです。

毛根に注目しよう

髪の毛の毛根によって、その髪の状態が分かると言われております。だから、抜け毛を一本取り出し、その毛根をチェックしてみましょう。見た目だけで、状態の良しあしがはっきりと分かるようになっております。
正常なのは、毛根がマッチ棒のようにふっくらと膨らんでいる状態です。これは自然に起きる脱毛であるため、何ら問題はありません。
逆に膨らみがなかったり、膨らみが太くて短い場合は、ちょっと危険信号です。毛根の膨らみは、栄養状態を表しておりますので、膨らみがないということは、栄養が十分に行き届いていないのです。
最も危険なのは、そもそも毛根がないという状態です。これは、髪が非常に弱っている証拠であり、早急に対処しなければなりません。また、白い膜のようなものが付いているのも危険です。これは過剰に分泌している皮脂であり、皮脂は髪の成長の妨げになってしまうのです。

毎日抜け毛が起きていること自体は何ら問題はありません。ただ、明らかに本数が多くなっていたり、抜け毛の先端の毛根がおかしかったら、危険信号です。もし髪の状態に異常を感じているのであれば、普段から気にかけておくとよいでしょう。そして異常を発見したら、早めに抜け毛の対策を行うようにしましょう。


Posted by ED治療専門クリニック 東京 田町 バイアグラの処方 購入 at 10:30 / ブログ

田町駅・三田駅から歩いてすぐED・AGAメンズクリニック

▲ページTOPへ